複業という言葉をメディアで頻繁に見かけるようになりましたが、メディアで騒がれているほどには、個人の間には浸透しきれていない働き方なのではないかと思います。私の周りを見渡しても、まだまだこの新しい働き方に適応しきれている人が多いとは言えない状況です。

同じ複業と言っても、会社員として本業を持った状態で複数の業務に関わるのか、フリーランスとして複数の業務に関わるのかでだいぶ意味合いやアクションが変わってきます。また、「明日からいざ複業をはじめたい」と思っても、どういったステップで進めていけば、スムーズに複業をはじめられるかの指南書もありません。

複業のはじめ方も、継続の仕方も、困ったときの対応の仕方も分からないことが多い。

そういった難しさが、いま複業をはじめようとしている人やすでに複業中の人が抱える課題なのではないでしょうか。私はいま株式会社キャスター取締役の石倉さんが運営されている、「これからの働き方サロン」に参画して、こういった課題について取り組んでいます。

石倉秀明(いしくらひであき)

株式会社キャスター取締役COO/株式会社働き方ファーム代表取締役

2005年にリクルートHRマーケティング入社。

2009年に当時5名のリブセンスに転職し、主力事業であるジョブセンスの事業責任者として、史上最年少社長としての上場に貢献。その後、DeNAでEC事業の営業責任者、新規事業、採用責任者を歴任。

2016年より個人事業主として多くのクライアントの採用や事業立案、営業部門強化のサポートなどを行い、働き方ファームを設立。同時期にキャスター取締役COO就任。2018年1月より働き方ファームがキャスターグループに参画。

このサロンでは複業中や複業を目指している方々が参加して、お互いの情報交換を行ったり、特定のテーマについて議論をしています。複業という言葉に興味がある方や、複業中の仲間が欲しい方は、是非一度サロンをのぞいてみてください。

お問い合わせはこちら