自己紹介

インドネシア在住4年目の日本人ムスリムです。日本で10年、インターネット広告代理店で働いた後にジャカルタに移住。移住後は現地採用社員として、メディア企業のエキサイトに所属。その後、インドネシア人女性と国際結婚して、一緒にジャカルタで起業しました。

仕事内容

インドネシア人の奥さんと一緒に起業した会社(PT. Minerva Digital Konsultasi)の取締役として、お客様のオウンドメディアの運用サポートをしております。
* 以下、五十音順。

株式会社アウトワード様

さちこいという占いメディアの運用サポートをしております。SEO担当としてメディアのグロースのお手伝いをしています。メディアの立ち上げから関わっており、現在は月間200万PVを越えるまで成長しています。

株式会社インクワイア様

UNLEASHというメディアの運用サポートをしています。メディアをグロースさせるべくコンテンツSEOやアクセス解析のお仕事を中心に関わらせていただいております。

株式会社ワンクルーズ様

デジオデジコというメディアの運用サポートをしています。コンテンツSEO部分をベースに、メディアの運用方針やライターさんとのやり取りなど幅広くサポートさせていただいております。

その他

複数の企業様にてオウンドメディアの運用サポートをしています。インドネシアか日本かに関わらず、オウンドメディアの運用サポートが自分にとって最も得意な業務となります。

もう少しプライベートなお話

現地採用社員時代

インドネシアに移住してからいきなり独立したわけではなく、2年間ほどエキサイトのインドネシア支社(PT. Excite Indonesia)に所属していました。

WEBメディアの運用知識はインドネシア語でも日本語でも本質はそう変わるところではないのですが、やはり全てが英語環境でのマネジメント経験というのは初めてだったので当初は苦戦しました。

ただ、インドネシア人自体が割とポジティブで親しみやすい性格であった為、割と早い段階で組織にも馴染み、自分らしい仕事ができるようになったのは助かりました。インドネシア人の性格の良さに感謝。

インドネシア人女性との国際結婚

現地採用社員としてのんびり働くなか、「もう30代も半ばだし、そろそろ結婚しよう」と婚活を始めました。いろんなアプリやWEBサービスを使いながら土日にインドネシア人女性と出会う日々。その過程で偶然スタバで話し掛けたインドネシア人女性と2018年に結婚しました。

インドネシアにいる日本人女性の多くは駐在員の妻(通称「駐妻」)なので、彼女が欲しい場合は大抵インドネシア人になります。上述の出会い系アプリやWEBサービスでも、日本人女性の利用者はほとんど見かけませんでした。

インドネシアの人口の9割はイスラム教徒です。私の彼女もムスリムだったので、私もイスラム教に改宗して日本人ムスリムとなりました。仏教徒のままだとインドネシアでは結婚できなかったので。そんなわけで、今は毎日お祈りをしています。