インドネシア人も日本人も転職理由の1位は給与

  1. 転職

転職理由に国籍は関係ないという話ですね。インドネシア人も日本人も、だいたい転職を考え始めるきっかけとして1番目か2番目にくるのは「お金」です。給与が低い。給与が上がらない。

日本の場合、転職したからと言って必ずしも給与が上がるわけではないですけどね。インドネシアの場合は高い確率で給与が上がります。WEBやIT系の企業に勤めていたら尚更です。

そういった事情背景もあり、インドネシア人は定期的に転職します。みんなが定期的に転職するので、転職回数が多いこと自体が採用時に不利になることが少ないです。なんせ、みんな転職しているので。

日本だと一昔前は「20代での転職は3回まで」みたいな転職時の暗黙の前提がありましたが、それも崩れつつあるんですかね。

日本人の退職理由の1位は給与

「キャリアアップ」や「成長」がテーマになった記事を定期的に見ますが、会社を辞める人の退職理由は大体同じだなと、エン・ジャパンの調査結果を見てふと思いました。

退職を考えたことがある人に「退職を考え始めたきっかけ」を聞くと、全体では「給与が低かった」(46%)が1位。「評価や人事制度に不満があった」(37%)、「残業や休日出勤が多くて辛かった」(28%)が続いた。

2位の評価や人事制度に不満があるのも、根っこでは自分の年収につながっている部分があるので、結局のところ大体お金なのかなと。

評価については

「自分はこんなに頑張っているのに、なぜ給与が上がらないんだ。」

と不満に思う人もいると思います。あるいは、

「私はこんなに成果を出しているのに、なぜ給与が上がらないの。」

と不満に思う人もですね。

成果をきちんと出しているのに給与も待遇も改善されない会社は未来がないので、サクッと辞めてしまった方がいい気がします。

また、構造的にどう頑張っても成果が出ない環境で働いている方も、やはり同じように転職を考えてもいいのではないかと思います。

ちなみにですが、私は10年くらい日本で仕事をしていましたが、あまり幸せになれませんでした。

インドネシア人も給与の悩みが転職の理由

エン・ジャパンが実施したようなアンケート結果が手元になくて恐縮ですが、インドネシア人も転職理由は同じく給与であることが多いです。

周りを見て、ネットを見て、現地の知人友人を介しての感想ですが。特にインドネシアは毎年物価が数%ずつ高くなっているので、そのインフレ率以上に昇給しないと従業員の不満の元になります。

また、仮に昇給していても、今よりも年収や福利厚生などの待遇面が良い企業が見つかれば、彼らはすぐに転職を決意します。転職する人が非常に多いので、転職自体にネガティブな印象がないのも、彼らの意思決定が早い理由の1つなんだと思います。

会社員として給与を上げるのは難しい

難しくないですか?超一流企業にいようと、イケてない企業にいようと、だいたい同じようなレベル感の人材で競争しているわけですよね。そこから頭一つ飛び抜けられる人はごく一部の人だけです。

一生懸命努力して、成果を出して、また努力して、でも努力だけじゃなくて人間関係や根回しも必要で、時に飲んだり踊ったり、運も必要だったりなどなど。

会社員として同期に先んじてどんどん出世していく人はすごいと思うんですよね。本当に素晴らしいです。自分は会社の中でゴリゴリ出世していくイメージは全く持てませんでした。

給与が上がりやすい企業や業界にいた方がいい

個人としての努力もそうですが、そもそも給与が上がりやすい企業や業界と、そうでない企業や業界とがあります。例えばですが、総合商社にいれば30歳になる頃には1,000万円に手が届きます。

東洋経済さんが「平均年収「全国トップ500社」最新ランキング」にて以下のような図を出していました。

給与が高い企業

「平均年収が2,000万円ってどういうことだよ?」

って思いませんか笑?

社名を見てもそうそうたる企業が並んでいるので、「平均年収が高いこれらの企業に入れたら苦労はしないわい」という声が聞こえてきそうですが、人気企業に入るのは一旦置いておいて、業界選びも重要です。

同じく東洋経済さんが出されているランキングに、「月額給料が高い業界ランキング」があります。

給与が高い業界

どうでしょうか。企業視点だと入社が難しそうですが、業界視点だと少し印象が変わりますよね。

個人の努力 × 所属企業 × 所属業界

の要素は大事ですよね。極端な話、それほど努力しなくても、所属している企業と業界のおかげでトントン拍子に給与が上がっている友人を知っているので。

インドネシアで海外転職しても給与は上がらない

企業や業界という視点からもう1つ上に視点をズラして、インドネシアで海外転職するとどうなのかという話ですが、結論としては給与は100%下がります。現地採用社員として雇われた場合ですが。

詳細は上記の記事を読んでいただければと思いますが、海外転職して現地採用社員として働く場合は「お金以外に価値観を置いて」人生を生きる楽しみを見つけた方が良いです。

給与はそこそこ、けど毎日定時で帰宅できて、自分の趣味や彼女(奥さん)との楽しい毎日を過ごすなど。何かしらそういった楽しみを見つけることをおすすめします。

お金は本業以外で稼ぐ時代の到来

日本では現在働き方改革がブームで、やれ副業やら複業やらパラレルワークやらの言葉が飛び交っています。

個人的にはとても賛成で、諸々の要素が複雑に絡み合う会社員生活で給与を上げるよりは、バランス良く他の仕事もやってトータルで収入を増やした方が効率的だと考える派です。

例えば、クラウドソーシングを活用してお金を稼ぐとかですね。

先程、「給与が高い企業」や「給与が高い業界」ランキングを共有しましたが、減速する日本経済の未来を考えると、給与が上がり続ける会社で働ける人は減っていくと思います。やっぱり、本業以外で稼ぐしかないんですよ。

インドネシアでフリーランス

そんな私はインドネシアのジャカルタでのんびりフリーランスをやっています。海外フリーランスを続けていくにはコツが必要ですが、上手くちゃんとリモートワークできれば、ちゃんと満足のいく収入も手に入れることができます。

けど、フリーランスという生き方は誰にでもおすすめできる生き方ではないと思っています。しかも、海外フリーランスとなれば尚更ですね。

なので、ノリと勢いでフリーランスになってしまう前に、この生き方に興味がある人はぜひ気軽に私に連絡してみてください。可能な限り海外フリーランスの現状について共有させていただきます。

日本で10年、インドネシアでは2年、WEBマーケターとして働き、現在はPT.MDKの取締役としてジャカルタで仕事をしています。また、海外からフルリモートワークという形で、日本企業のWEBメディアの運営サポートや、リスティング広告の運用なども行い、複業しながら海外で仕事を楽しんでいます。奥さんはインドネシア人で、私もイスラム教に改宗。

記事一覧

関連記事

転職しようか悩んだ時の頭の整理の仕方

転職しようか悩んだ時の頭の整理の仕方

日々会社で働いていると、定期的にもうムリ。会社辞めたい。ってギブアップしたい気持ちに襲われたりしませんか笑?日本で働いていたとき、私は割と激務な職場で働い…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。