このブログを書いているのはこんな人です
海外転職

無計画な海外転職は身を滅ぼす

海外転職で情報を収集

タイトルで偉そうに書いておいて何ですが、自分はノリと勢いでインドネシアで海外転職をしてしまいました。結果から見れば大成功だったと言えますが、失敗していた可能性も振り返れば十分にありました。

私
お金を借りる時と、海外転職する時は計画的に!

ですね。

なので、自分がいま日本で働いていて、これから海外転職を準備するのであればこうするなという話をまとめてみました。

大きなポイントは生活水準だと思います。海外転職を考えている人の中で、特に現地採用社員として働くことを考えている人は気を付けてほしいです。現地採用社員として働くとほぼ100%給与が下がります。

海外転職を決意する前にやるべきこと

転職前にやっておくべきことは、大きく分けると2つになるかなと思います。

  • 希望する生活水準を満たす収入を考える
  • 多面的に情報を集める。

現地採用社員として海外転職を考える場合、その多くは月収が15万〜30万くらいの間になると思います。

海外で仕事をすると給与はいくらになるのか
海外で仕事をすると給与はいくらになるのか海外で仕事をした場合の給与は、その人が大きく海外駐在員なのか、現地採用社員なのか、海外フリーランスなのかで異なってきます。もちろん、その中で更に大手企業なのか、中小ベンチャー企業なのかでまた給与の額(福利厚生含む)がガラリと変わってきますが。私は海外駐在員ではなく、現地採用社員として働いていたので、その時の話を中心にお伝えしたいと思います。...

これくらいの収入でやっていけるのかどうかですね。それは一人暮らしなのか、家族でインドネシアまで来るのか、更に子供がいるのかでだいぶ違ってきます。

多面的に情報を集めるという意味では、インターネット、人材紹介会社、海外ですでに働いている現地採用社員の声を聞いておくことをおすすめします。

それぞれ、次から詳しく話していきます。

希望する生活水準を満たす収入を考える

一人暮らしか家族で暮らすか

インドネシアのジャカルタで暮らす場合、一人暮らしであれば15万でも十分生活していけると思います。タワーマンションではなく、コスと呼ばれる一人暮らし用のアパートみたいなところで、料理はインドネシア料理を中心であれば。あとは、無駄に贅沢な買い物をしないとか。

ただ、家族でインドネシアに来る場合は月給15万だとかなり厳しいと思います。奥さんの性格にもよると思いますが、定期的に日本料理を食べたり、旅行したりとかすると、普通の暮らしができないです。

お子さんがいらっしゃったりすると、更にカツカツになると思います。同じインドネシアでも地方に行けば大分状況は変わるんですが、ジャカルタはやっぱり物価が高いんですよね。日本にいるのと同じような水準の衣食住を満たそうとすると。

それでも生活費を切り詰めれば、15万とか20万円の給与でも家族全員で暮らしていけるかもしれません。これはもう、自分自身が家族とどういう暮らしをしていきたいかによります。

でもまぁ、月給15万円とかであれば、一旦はご自身だけインドネシアで単身赴任で働く方が良いのではないかと思います。家族もろとも心が折れる可能性があるので。奨学金や住宅ローンなどの借金が一切ない前提で、月給30万円くらいあると生活がだいぶ楽になります。月給50万円あればもう余裕ですね。

副業で収入をカバーする

状況はそれぞれ皆さん次第なので何とも言えないですが、副業で本業の収入をサポートするという手もあります。

一人暮らしであろうと、家族暮らしであろうと、お金はあるにこしたことないので。そもそも収入先を複数にしておくとリスクも軽減できるので安心です。

海外転職と副業
フリーランスのクラウドワークス活用術フリーランスと会社員の違いの1つは、自分の給与を自分が稼がないといけないという点ですね。厳密には、自分で案件を獲得して、自分でオペレーションを回して、自分で成果物を納品して、自分でお客様に説明して、そして最後にお客様への請求と入金確認をするということです。フリーランスにとって、その営業は死活問題ですが、今日はその営業をサポートしてくれるクラウドワークスについて共有していきます。...

上記でクラウドソーシングを使った仕事について紹介しているので、ぜひ目を通してみて下さい。

「副業も1つの手です」と伝えておいて何ですが、インドネシアでどこかの企業から労働ビザを取得している場合、その企業でしか働けません。なので、どこかの企業で労働ビザをもらいつつ、他の企業で副業しているのがバレると、法律的には問題になります。副業をするなら、周りの人の意見も聞きつつ、個人の責任でお願いします。基本はやらない方がいいです。

多面的に情報を集める

片っ端からネットで情報を集める

一番最初にこれをやる理由は、自分の頭の中に基礎情報の地図を作るためです。この後、人材紹介会社の人と話したり、現地で実際に働いている現地採用社員と話すにあたり、頭の中に地図(基礎情報)があると便利です。

ネットで調べられる情報はネットで調べて、それをベースにヒアリングを進めた方が効率的に情報を収集できます。まずは片っ端からネットで情報を集めてみましょう。

海外で働く人を増やしたい
現地採用社員の仕事の魅力基本的にはずっとWEB業界でしか働いていないのですが、日本で約10年ほど働いて、インドネシアでも2年ほど現地採用社員として働いているので、この経験を活かした仕事ができないかなと考えています。仕事と言っても人材紹介的にゴリゴリやるのではなく、人生相談的な形で関われるとベストだなと。...

現地の人材紹介会社の担当と話す

海外での就労経験が豊富で、スキルも申し分ない人であればいつでも海外転職は可能だと思います。ただ、私も含めて、多くの場合はそうじゃない人が多いはず。

よって、まずは自分自身のスキルの棚卸しや、自分が希望する業界のニーズを、現地に進出している日系の紹介会社から聞く必要があります。

人材紹介
インドネシアで海外転職するのにおすすめの人材紹介会社5選自分はインドネシアに知人・友人は一人もいなかったので、転職先を探すのに人材紹介会社の人にお願いして探してもらいました。転職媒体を使って自分で探すのに比べて、自分の要望に合ったフィルタリングをかけた上で企業を紹介してくれる人材紹介会社は、非常に頼もしい転職パートナーです。...

私の場合はインドネシアですが、インドネシア以外もタイやベトナムや中国など、ほとんどの国には日系の人材紹介会社があります。そこに1通メールを送れば、大概は返信をくれます。

ここらへんのフローは日本の紹介会社と同じで、自分の今までのキャリアを話したり、自分ができること/得意なことを話しながら、自分の現状を整理整頓していきます。

その上で、現地の転職市場について詳しく話してくれるでの、自分の希望とのすり合わせができます。尚、インドネシアではメーカーの営業マンや工場の管理者の案件が多く、自分が定期的に見ている転職サイトでもそれらの案件に偏っています。

現地採用社員として働いている人の話を聞く

これが一番重要だと思います。すでに現地で働いている人の話を聞くことで、ネットや人材紹介会社の人からでは聞けない話をしてもらえます。よりリアルな生活やビジネスの話ですね。

SNS全盛の時代なので、TwitterやInstagramで探せば、いくらでも自分が希望する国で働いている人(あるいは生活している人)を探せるので、是非活用してみて下さい。

インドネシアのジャカルタであれば、自分にご連絡をいただければ可能な限りお話させていただきます。自分の場合は、現地採用社員から海外フリーランスになっているので、それなりに面白い話ができると思います。

実際にその国に旅行してみる

情報を集めるだけ集めたら、あとはもう実際にその国に旅行に行ってみることですね。いきなり海外転職して生活を始めるのはリスクが高いと思います。

その国の料理を食べる、現地の人と会話する(カタコトでも構わない)、移動してみる、モノを買うなどなど、とにかくその国の空気を吸ってみることです。駄目ならダメで、他の国で転職先を探せば良いだけなので。

インドネシアのジャカルタは来てみると分かるんですが、東京とほとんど変わらないです。私も初めてジャカルタを訪れたときに、

私
まるで東京の丸ビル周辺を歩いているようだ

と感動したのを今でも覚えています(だいぶ盛りました)。まぁ、想像していたよりもかなり都会で驚いたということです。

以上を簡単にまとめると

多面的に情報を集めるとは、

  • 片っ端からネットで情報を集める。
  • 現地の人材紹介会社の担当と話す。
  • 現地採用社員として働いている人の話を聞く。
  • 実際にその国に旅行してみる。

ということです。これらを「めんどくせぇ」と思う人は、一旦海外転職を考え直した方がいいです笑。頑張りましょう!

すぐに海外転職をしない人のために

将来を意識して今の仕事を頑張る

上記の流れでいろいろと情報収集する過程で、

いまは海外に転職するタイミングではないな

という結論に達する人もいると思います。それはそれで自然なことなので。

ただ、この一連の転職活動を行うことで、どういったスキルを持った人材であれば海外で採用してもらえるのかが見えてくると思います。それが見えたら、今のタイミングではなくても、将来に向けてコツコツと頑張ってスキルを高めていくだけです。

そう考えて仕事に取り組めば、日々のつまらない仕事も頑張れるのかなと思います。

一方、

海外転職は絶対ムリだな

という人もいるでしょう。それはそれで大きな気付きだと思います。何事も動いてみて始めて分かることは世の中にたくさんあります。

語学は継続的に勉強する

上述の通り、日々の仕事は将来の海外での転職を見据えて頑張ってほしいのですが、同時に語学の勉強も疎かにせず頑張って下さい。

英語を勉強した方がいいのか、その国の言葉(私だとインドネシア語)を勉強した方がいいのかは、当然ながら企業によって異なります。ただし、業界業種によってある程度の傾向は分かるので、そこは一度人材紹介会社の人に聞いてもらった方が良いかもしれません。

アジア圏であれば、シンガポールとフィリピンを除けば、どこの国の人も英語は母国語ではないので欧米の人ほど流暢に英語を使いこなせません(一部エリートを除く)。メーカーの営業とかになると、営業先の多くが日系企業になったりすることもあるので、求められる語学レベルは本当にバラバラです。

海外での仕事に英語はどれくらい必要とされるか
海外での仕事に英語はどれくらい必要とされるか海外での仕事に必要な英語力と言っても、英語圏か非英語圏かで状況はかなり違ってきます。まぁ、当たり前と言えば当たり前ですね。アメリカやイギリスのような英語ネイティブな国の人たちは、自由自在に英語を使いこなすので。一方、インドネシアであれば仕事で求められる英語のレベルはそこそこです。...

日系企業の海外進出情報の収集

GoogleアラートやRSSを使って、日系企業の海外進出情報は定期的に集めておくといいと思います。どういった企業が進出しているのかが分かりますし、興味がある企業であれば積極的に連絡を取れば相手も好印象を持ってくれると思うので。

計画の深さが未来の不確実性を埋める

ノリと勢いでも人生何となったりすることも多いんですが、やっぱり確実性は低いんですよね。海外転職の話に限ったことではなく、日々の仕事もそうだと思いますが、計画的に行動できるかどうかが成否を分けていきます。

海外転職なんて特に大きな人生の決断の1つになるので、ぜひいろいろと情報を収集して計画的に行動できるようにしていきましょう。

ABOUT ME
インドネシアの複業家
インドネシアの複業家
日本で10年、インドネシアでは2年、WEBマーケターとして働き、現在はPT.MDKの取締役としてジャカルタで仕事をしています。また、海外からフルリモートワークという形で、日本企業のWEBメディアの運営サポートや、リスティング広告の運用なども行い、複業しながら海外で仕事を楽しんでいます。奥さんはインドネシア人で、私もイスラム教に改宗。お気軽にご連絡下さい。
企業様・自治体様向け
訪日インドネシア人向けインバウンドマーケティング
こちらの記事もおすすめです

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください