このブログを書いているのはこんな人です
海外転職

海外転職して失敗したなと思うこと

海外転職の失敗

海外転職して失敗したなと思うことは、実際に働き始める前に、もっとその国の情報を集めて、その国で現地採用として働いている人に直接話を聞いておけば良かったなという点です。情報収集が足りませんでした。

例えば人間関係の失敗なんて、国内の転職であろうが、海外転職であろうが起こりうる話です。上司や同僚は常に変化しますからね。

そうではなく、海外転職特有の失敗は、やはりそこで働いている人に聞いておくのが一番役に立つと今なら思います。役に立つし、とても具体的。

などと書きましたが、実は個人的には海外転職してそこまで失敗だと思ったことがありません。とは言え、初めて海外転職を考えている人は知っておいた方が良いことがあるので、それを共有させてもらいます。

現地採用社員の給与は低い

現地採用社員と駐在員の給与の違い

まずこれですね。駐在員と比較すると、現地採用社員は給与が低いです。

海外で仕事をすると給与はいくらになるのか
海外で仕事をすると給与はいくらになるのか海外で仕事をした場合の給与は、その人が大きく海外駐在員なのか、現地採用社員なのか、海外フリーランスなのかで異なってきます。もちろん、その中で更に大手企業なのか、中小ベンチャー企業なのかでまた給与の額(福利厚生含む)がガラリと変わってきますが。私は海外駐在員ではなく、現地採用社員として働いていたので、その時の話を中心にお伝えしたいと思います。...

日本で10年以上業務経験があって、専門分野を持っていて、かつ、マネジメント経験まである人であっても、間違いなく100%給与が下がります。

給与が下がらない例外としては、取締役や現地子会社の支社長ポジションで転職する場合ですね。ただ、このポジションは基本的には日本本社から派遣されてくる駐在員の方が座るので、現地採用社員がいきなりそのポジションで仕事をするという話は聞いたことがありません。

これはインドネシア固有の事情ではなく、駐在員と現地採用社員の待遇の違いはどこの国でも起きています。日常的な光景です。ブログやTwitter上だと、この待遇の差に不満を抱えている人をよく見かけます。

給与の低さを耐えられる目的を作る

私は「お金」ではなく「経験」を重視して、とにかくインドネシアで働くことを望んでいました。

後は、もう日本で働くのしんどいし疲れたから、とにもかくにも違う環境で働きたいという想いもめちゃありました笑。

海外転職を考えたきっかけについて海外転職を考えたきっかけを一言で述べるなら、日本で働いていても全く幸せになれず、アジアで働いた方がもっと幸せになれるんじゃないか?と思ったことがきっかけです。実際に、もう日本のベンチャー企業で働くのがしんどすぎて、これはもう海外しかなくないかと短絡的に行動してしまいました。...

なので、お金が低いことも、現地採用社員として働いている間は耐えようと考えてました。その先に、より自由な海外フリーランスを夢見ていたので、とくに苦痛なく耐えられました。

ただし、初めて海外転職を考える人は、この給与の低さについて事前に把握しておかないと「失敗した」と感じると思います。自力で給与を上げていくのはかなりしんどいです。

副業をして収入を増やす

現実的なのはこちらかなと思います。今はクラウドソーシングなどを活用して副業がしやすい環境ができています。本業の給与が低かったら、副業で稼ぐという手が一般的です。

インドネシアで現地採用社員として働けば、基本的には定時に出社して、定時に帰る毎日です。比較的副業はしやすい環境にあると思います。

「副業をして収入を増やす」と伝えておいて何ですが、インドネシアでどこかの企業から労働ビザを取得している場合、その企業でしか働けません。なので、どこかの企業で労働ビザをもらいつつ、他の企業で副業しているのがバレると、法律的には問題になります。副業をするなら、周りの人の意見も聞きつつ、個人の責任でお願いします。

インドネシアの日系企業内における仕事のレベルは低い

日系企業の魅力度

優秀なインドネシア人にとって、日系企業は憧れの転職先ではありません。本当に優秀な人材は、自らスタートアップを立ち上げて仕事をしています。また、起業ではなくても、あえて日系企業を選ぶ優秀な人材は少ないです。

日系企業は取締役クラスが日本本社からルーティンで派遣されたり、人事が本社都合で決まったり、重要な決議事項は本社の了承を得ないと進まないなど、企業としての魅力度に欠ける企業が多いからでしょうね。

そうした事実を脇に置いて、「インドネシア人は優秀な人材が少ない」と嘆く日本人は少なくありません。そうした人には、

私
そもそも優秀な人材を採用できてます?

と聞いてみたいですが、そういう絡み方をすると面倒なことになるので、私はひっそりと静かに暮らしていきたいです。

インドネシア人の仕事レベル

ただし、そうした事情を考慮した上でも、日本人と比較するとインドネシア人の仕事のレベルはまだまだ低いと思います。

ひと昔前と違って、日本人の仕事はバカにされる傾向が多いと思いますが、それでも私は素晴らしい仕事をする日本人は多いなと感じます。言うてもWEBマーケティング業界という狭い範囲でしか知りませんが。

インドネシア人の仕事のレベルが低いのは、おそらく仕事が人生の優先度で一番高い項目ではないからなのかなと思ってます。家族、子供、そして何より自分の人生を楽しむことの方が重要なんだろうなと。

それでも、そういった環境を変えられる力を持っているのが日本人マネージャーだと思っています。辛抱強くインドネシア人を育てていくことですよね。人事制度を整えて、評価や報酬体系を柔軟に変えて、フィードバック面談を個別に設けて、インドネシア人従業員が仕事に没頭できる環境を作れるかどうか。

そこを放棄して、

インドネシア人はマジで仕事ができない。日本人はやっぱり優秀。

と居酒屋でしゃべるのは何か違う気がします。ポンコツな日本人もまーまーいますからね。

仕事と自分自身の成長

そういう状況で、環境に流されるままに現地採用社員として働いていると、成長するスピードが落ちるという懸念があります。ただ、どこで仕事をしていても、受け身の仕事をしていると成長スピードは遅くなります。

何をもって成長か、という話もあるんですけどね。成長著しいインドネシアという国で働いて、インドネシアという市場を理解して、インドネシア語も話せるようになりました。ということであれば、それはそれで立派な成長だと言える気がします。

そうは言っても、基本的な報連相、プロジェクトの進め方、日本風の根回し、専門スキル(私の例で言えば、SEO・アクセス解析・コンテンツマーケティングなど)は、やはり日本にある日本企業で働いた方が成長できると今でも思っています。

特に、WEBマーケティングの専門スキルは顕著です。まだまだ日本のIT業界の方が人材の層が厚いです。

海外と住み慣れた日本とでは生活しやすが違う

実際に短期間住んでみる

海外生活の雰囲気については、言葉では説明しきれないと考えています。よって、働きたい国が決まったら1週間でも2週間でも、とにかく旅行をしてみてください。

実際にその空間で過ごすことで持てるイメージは全く違います。

同じインドネシアでも、都市圏と地方の田舎では全く環境が異なります。私が住んでいるジャカルタみたいな大都市だと、正直東京に住んでいるのと大差ないような生活をすることができます。

私
初めてジャカルタに来たとき、ビルがすげー!とアホみたいな感想を持った記憶があります。

もちろん細部まで見れば東京の方が住みやすいんですが、日本食店があちこちのショッピングモール内にあったり、大概の日常生活品は手に入れられます。

生活費を抑えて暮らしたかったら、家賃2万円程度のアパートで、食事は全てインドネシア料理にすれば費用を抑えられます。一方で、東京に住んでいるのと同じ暮らしがしたかったら、6万円程度でタワーマンションに住めて、1食1,000円前後でおいしい日本食が毎日食べられます。

私
食費がシャレにならないことになりますけどね!

大事なのは空気感

日本食店が多い、大概の日常生活品は手に入る、人々が優しい、だけど渋滞が酷い、インドネシア料理は口に合わない、役人の仕事が遅い、などなどポジティブ/ネガティブな理由は無数にあります。

私が意識していないことでも、みなさんがインドネシアに来て「これは無理」と思うことはきっとあるでしょう。

だからこそ本格的に仕事を始める前に旅行したり、実際に現地で働いている人の話を聞いたりして、その国に住む上での空気感を少しでも感じることが大事だと考えています。

インドネシアの英語レベルは高くない

欧米で働くことに比べると、インドネシアで働く上で語学のレベルはそこまで高いものを要求されません。そこらへんの詳しい話はこちら。

海外での仕事に英語はどれくらい必要とされるか
海外での仕事に英語はどれくらい必要とされるか海外での仕事に必要な英語力と言っても、英語圏か非英語圏かで状況はかなり違ってきます。まぁ、当たり前と言えば当たり前ですね。アメリカやイギリスのような英語ネイティブな国の人たちは、自由自在に英語を使いこなすので。一方、インドネシアであれば仕事で求められる英語のレベルはそこそこです。...

ただ、当然ながら英語力は高ければ高いにこしたことはありません。英語学習は他のサイトを参考にしていただければと思いますが、海外転職が決まって実際に働き始めるまでずっと勉強しておいた方がいいと思います。

ちなみに、私は英語力はさほど高くないので、インドネシアで働き始めてから今に至るまでまだ勉強しています。

2018年10月現在、私は現地採用社員の仕事を辞めて、海外フリーランスの仕事をしています。そうなると英語の重要性が極端に下がるので、今は一生懸命インドネシア語を勉強しています。毎日単語を覚えて、インドネシア人の奥さんとの会話も英語からインドネシア語に切り替えてもらいました。

他のアジア諸国で働いたらどうなのか

海外転職をするにあたりインドネシアと最後まで迷ったのがタイとヴェトナムでした。

特に、タイはインドネシアよりも生活がしやすいと聞いていたので(暮らしやすさ、交通の便、日本食の多さや娯楽の多さなどなど)。

ちなみに、最初から中国を選択肢に入れなかったのは、単純に中国で働いている、あるいは将来働きたいと考えている日本人の数が多いと思ったからです。

競争が多いところで勝負するよりも、競争が少ないところで勝負した方が人生の勝算が高いと考えました。仮に中国で働いていたら、「すでに海外転職失敗だった」とか言ってそうです。

ABOUT ME
インドネシアの複業家
インドネシアの複業家
日本で10年、インドネシアでは2年、WEBマーケターとして働き、現在はPT.MDKの取締役としてジャカルタで仕事をしています。また、海外からフルリモートワークという形で、日本企業のWEBメディアの運営サポートや、リスティング広告の運用なども行い、複業しながら海外で仕事を楽しんでいます。奥さんはインドネシア人で、私もイスラム教に改宗。お気軽にご連絡下さい。
企業様・自治体様向け
訪日インドネシア人向けインバウンドマーケティング
こちらの記事もおすすめです

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください