このブログを書いているのはこんな人です
海外転職

海外転職したいならスキルを磨き続けよう

英語を学ぶ

海外で働くことを考えた際、まず最初に語学の問題が頭をよぎると思います。

当然、日本ではないどこか別の国で働くことになるので、語学力はある程度求められます。ただし、それよりも重要なのは「自分は何が得意で、その得意なスキルを活かしてどう会社に貢献できるか」を説明できることです。

私
自分、気合いと根性だけは誰にも負けません!朝から晩まで一生懸命働くので採用してください!

だと誰も採用してくれないです。将来海外で働きたいと思うのであれば、この「スキル」についてちゃんと考えて日々の仕事を頑張りましょう。

何のために海外転職をするのか

逃げ転職でも構わない

海外転職する理由は何も高尚な理由である必要はないと思ってます。自分自身の体験談としては、日本で働くのがしんどくて、海外でもっとのんびり働きたいと思って海外転職を選びました。一般的に逃げ転職と呼ばれているやつでしょうか。

人生10年働いても仕事がうまくいかないことばかり
人生10年働いても仕事がうまくいかないことばかり10年くらい馬車間のように働いたんですが、全く幸せになれませんでした。仕事なんてうまくいかないことばかりでした。年中無休でお盆もお正月も働きまくったんですが、だめでした。難しいですね、働くって。10年経って振り返ったときに、仕事がうまくいく人って何が違うのかちょっと考えてみました。あと、仕事がうまくいかない時の考え方とかですね。...

「海外エリート」とは程遠い位置にいる感じです。のんびり、精神的に豊かに、生き急ぐことなく、自分が好きなように働きたい。

そういう想いが実現できる先として、日本企業というのはどこに転職しても無理だろうと思ってました。今は分からないですが。よって、アジアのどこかの国に行くしかないだろうと。

日本にもいわゆるホワイト企業と呼ばれている企業があるのも知ってますし、そういった企業に勤める友人の話も聞いたことがあります。ただ、WEB業界で、WEBマーケティングの仕事をしていきたいと考えたときに、なかなか「この企業で働いてみたい」という情報が無かったのが大きいです。

海外の転職先で自分の何をウリにするか

そういった逃げ転職でも全然構わないのですが、何はどうあれ飯を食べていくには稼ぐ必要があります。結婚して子供も生まれれば、相応に責任も増えていきます。

よって、「自分が好きなこと」で「企業からも求められているスキル」は何かとずっと考え続けたわけですが、たどり着いた結論としてはWEBメディアの運営になりました。

私
というよりも、それしか仕事を知らなかったし、今から全く違う方向でスキルを高めていくイメージが持てませんでした。

こうやってライティングをするのも好きですし、文章を読んでもらうのも好きですし、それをGoogle Analyticsなんかを見ながら改善していくのも好きです、その他SNSや広告運用しながらトータルにメディアを見るのが好きです。

こういった好きを深く掘っていきながら、お金を稼いでいけたら良いなと考えてました。

スキルの深掘りの考え方

海外転職のタイミング
海外転職のタイミングと準備は今からこの記事を今まさに読んでいるあなたは、きっと「海外転職 タイミング」や「海外転職 準備」などの検索キーワードでここに辿り着いたのだと思います。つまり、海外転職に何らかの興味があるからこそ検索してこの記事を読んでいると思うのですが、そうやって海外転職に興味を持ったなら、まずはアクションを起こしてみることをおすすめします。...

こちらでも書きましたが、キャリアは掛け算で考えろという教えを実践しています。

(1)WEBマーケター
    ×
(2)インドネシア
    ×
(3)模索中

ですね。日本にWEBマーケターはたくさんいるけど、インドネシア市場に精通している人はとたんに数が少なくなるので、自分の市場価値が出やすいと。

掛け算の最後はまだ模索中です。40代の間に見つけるくらいの気持ちで考えており、その3つの掛け算で70歳くらいまで働こうと考えています。70歳というか、死ぬまでですかね。

海外転職における採用基準

海外転職する際に語学力で悩む前に、上記の(1)が何かを考える必要があります。私の場合だと、上述したようにWEBメディアを運営する力ですね。

海外における人材募集では、基本的には中途採用は即戦力を求めています。

今は特にスキルは無いですが、気合いと根性はありますので宜しくお願いします!

では、採用される確率は極めて低いと言えます。

なので、「自分を採用してくれたら、こういう分野でこう活躍できるよ」ということを説明して、納得してもらわないといけません。

ここさえしっかりしていれば、多少語学力が低くても採用に至ります。

新卒フリーランスより会社員をすすめる理由

私が新卒フリーランスより会社員をすすめる理由はここにあります。新卒で企業に入社すれば、一人前になるまで育ててくれます。教育という名の投資をしてくれます。
※ 激烈ブラック企業は除く。

少し大きめの会社に入社すれば、多くの事業部があるので、人事異動しているうちに自分の好きな仕事が見つかる可能性も高いです。

また、仮に社内に見つからなくても、会社員をしながら複業や副業をすることで、その「好き」を見つける可能性を高めることができます。

コツコツと社内外で努力して活動を続けていれば、3年や5年後には何かしらの武器を手にしている可能性は高いと思います。別にそれは超一流である必要はないんです。そこそこデキルくらいで構いません。

結局、スキルは掛け算していくことでより希少性が高まっていくので。

努力は自分を裏切らない

私は日本の企業で10年ほど働きましたが、鳴かず飛ばずで10年が過ぎました。でも、その間、与えられた仕事を一生懸命こなしたり、仕事の質を高めるためのインプットや勉強を欠かさず行ってきました。

そうやって自分のためにしてきた努力は、インドネシアに来てから開花して、今とても精神的にゆとりのある生活を送っています。

10年はちょっと長すぎでしたけどね。途中何度も心が折れそうになりました。てか、多分折れてました。

でも、日本ってそういう地道にコツコツ努力してるけど、環境が原因でなかなか陽の目を見ない人って少なくないんじゃないかと思ってます。

そういう人は、是非環境を変えてみましょう。環境が変われば、人生が変わります。

海外転職に必要な語学力

そういうわけでして、基本的にはまず海外転職の目的と飯を食べていくための力(スキル)の方に注力した方が良いと考えています。

その上で、どれくらい英語力が必要とされるかですが、これは英語圏か非英語圏かでだいぶ様子が違います。

例えば、非英語圏のインドネシアだとこんな感じです。

海外での仕事に英語はどれくらい必要とされるか
海外での仕事に英語はどれくらい必要とされるか海外での仕事に必要な英語力と言っても、英語圏か非英語圏かで状況はかなり違ってきます。まぁ、当たり前と言えば当たり前ですね。アメリカやイギリスのような英語ネイティブな国の人たちは、自由自在に英語を使いこなすので。一方、インドネシアであれば仕事で求められる英語のレベルはそこそこです。...

正直、インドネシアであれば英語力が低くてもけっこう何とかなります。とりあえず、パワポとか活用して、ビジュアル+拙い英語のコンボで乗り切れます。

ただし、それは英語のスキルを向上させなくてもよいということではありません。

私もあまり英語は得意ではないので、インドネシアに来てからもずっと英語は勉強し続けています。単語量1つを取っても、知識が増えていけばいくほど、しゃべれる内容や聞ける内容も幅が広がっていくので。

未経験でも海外転職しやすい職種

スキルとか特に蓄積してきたものはないんだけど、やっぱり海外で働きたい。そんな人は例えば営業職で応募してみるのも1つの手ではあります。

私は最初、インドネシア、タイ、ベトナムあたりでWEBマーケターとしての仕事を探していましたが、案件が本当にありませんでした。

その代わり、圧倒的に募集数が多かったのが営業職でした。その中には、「現地に進出した日本企業を相手にした営業職」というのもあります。社内公用語は英語だけど、営業先では相手が日本人なので日本語で営業します。

営業先の相手が日本人となると、現地のローカルスタッフではその役目を果たせません。必ず日本人が必要になりますが、日本国内で募集するよりも当然ながら応募者が少なくなり、そのために「未経験でも可」と条件がゆるくなることがあります。

海外の就労VISAについて

尚、未経験というのは「業界未経験」であって、「社会人未経験」ではありません。アジアの国で外国人を雇う場合、一定の仕事経験や学歴を満たした人でないと、そもそも就労VISAが取れないケースが多いです。

インドネシアの場合も例外ではなく、基本発想として、「外国人はインドネシア人に技術や知識を移転してくれるから雇用する」という前提のもとに受け入れが行われています。

なので、何の経験も知識も無いと、そもそも受け入れ対象から外れてしまうわけです。

日本で働いていると学歴なんて関係ないとよく思いますが、海外で働くとなると話は別です。大卒以上であることが求められることが多いです。

まともな会社に海外転職するのであれば、この就労VISAにおける手続きは全て会社が負担してやってくれます。個人がVISAエージェントと個別にインドネシア語で交渉しながら進めていくのは至難です。会社に丸投げしましょう。

まずは行動してみる

いろいろ書きましたが、まずは実際に行動して情報に触れてみると良いと思います。インターネットで集められる情報だけでは、どうしても意思決定まで足りません。

なので、TwitterやFacebookなどのSNSを活用して、実際にその国で働いている人を見つけて話し掛けてみましょう。いろいろと自分の不安をぶつけることで、モヤモヤしたものも解決する可能性が高いです。

インドネシアについてであれば、何でも私に聞いていただければと思います。

ABOUT ME
インドネシアの複業家
インドネシアの複業家
日本で10年、インドネシアでは2年、WEBマーケターとして働き、現在はPT.MDKの取締役としてジャカルタで仕事をしています。また、海外からフルリモートワークという形で、日本企業のWEBメディアの運営サポートや、リスティング広告の運用なども行い、複業しながら海外で仕事を楽しんでいます。奥さんはインドネシア人で、私もイスラム教に改宗。お気軽にご連絡下さい。
企業様・自治体様向け
訪日インドネシア人向けインバウンドマーケティング
こちらの記事もおすすめです

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください