このブログを書いているのはこんな人です
海外転職

海外転職を考えたきっかけについて

海外転職を考えたきっかけを一言で述べるなら、日本で働いていても全く幸せになれず、アジアで働いた方がもっと幸せになれるんじゃないか?と思ったことがきっかけです。

もう何か、全く幸せになれる気がしなかったんですよね。日本で仕事をしていて。

人生10年働いても仕事がうまくいかないことばかり
人生10年働いても仕事がうまくいかないことばかり10年くらい馬車間のように働いたんですが、全く幸せになれませんでした。仕事なんてうまくいかないことばかりでした。年中無休でお盆もお正月も働きまくったんですが、だめでした。難しいですね、働くって。10年経って振り返ったときに、仕事がうまくいく人って何が違うのかちょっと考えてみました。あと、仕事がうまくいかない時の考え方とかですね。...

詳しくはここでも書きましたが、やはり日本で働いていて幸せになれる人と、私のように幸せになれない人は明確にいると思います。10年くらいは頑張って働いたんですけどね、ある日

私
だめだ!もうムリ!仕事むり!もうむりーーーーーー

というハイテンションになった日を今でも覚えています笑。

海外転職のきっかけになった状況や不満

働きすぎて燃え尽きた

日本で働いていた時はWEB系のベンチャー企業で働いていたんですが、やっぱり業務量が異常だったんですよね。プロフィールのところにも簡単に書きましたが。

自己紹介
自己紹介日本で10年程WEBマーケティングの仕事をした後、インドネシアのジャカルタに移住。現地採用社員として2年間、インドネシア人スタッフと共にWEBメディアの運営に関わっていました。 今はフリーランスのノマドとして、インドネシアにある日系企業のWEBマーケティングをサポートしています。インドネシア人の奥さんがいます。...

毎日のように朝から晩まで年中無休で働いていると、正直よく分からなくなって、「とにかくタスクを終わらせなきゃ!」という強迫観念に駆られます。

辞める直前は本当に体力的にも精神的にも限界だったと思います。本来仕事は成果を出してこそですが、成果が云々の前に、膨大に積み重なるタスクを終わらせることが仕事だと思ってました。

土日が休みであれば多少はリフレッシュもできたかもしれませんが、土日もひたすら仕事をしていたので、正常に考える力が失われていた気がします。

私
まいにち、まいにち、僕らは鉄板の〜

という気持ちになって、最終的には、「もうここではないどこかに逃げなければ!」という思いで飛び出しました。

WEBマーケターとしての成長の限界

量を追えば質が伴わなくなるんですよね。厳密には、量を追うことである一定までは自分の知識や経験が拡がっていきます。ある一定までは。

ところが、その線を越えるとぴたっと成長が止まります。WEBマーケの業界は知識の陳腐化が早いので、常に新しい情報を取り入れて継続的に勉強していく必要があります。

会社としては、「業務しながらでも勉強できるだろ」という話だと思うんですが、どうしても自分には無理でした。朝8時に出社して、ずっとPCを叩いて、夜24時とか25時に業務が終わって、

私
さぁ、今からSEOの勉強するか!いぇーい♪

とはならないですよね。。。そりゃ、ムリですよ。

上司との人間関係の崩壊

「不満があるなら同僚や後輩に愚痴るのではなく、上司にぶつけろ」という教育方針で育ってきたので、自分の業務量についての問題と、どうしたらその問題を解決できるかについて思いきって当時の事業部長に相談しました。

直接話して、その後にメールでも現状を説明して。

そのやり取りをざっくり集約すると、

私
自分の業務量がこれだけあって、現状成果はこうなっているけど、一日の時間をこんな感じで使っても全く終わらず、人間的な生活ができていないので、月給●万円くらいの社員を一人採用してほしい。何だったら、自分の給与を5万くらい下げても構わない。

という内容でしたが、

●●さん。5万減給しても会社としてはマイナスがでちゃうので、会社の現状を鑑みて、採用はきついですね。(原文ママ)

という3行のメールが返ってきたのみでした。「けっこう丁寧に説明したのに、返信内容がこれだけ?」「もしかして、死ねばいいと言ってる?」と感じたのはいまでも覚えているし、一生忘れないと思います。

どうしても納得がいかず社長に直談判で状況改善を訴えたものの方針は変わらず。社長と部長の意思決定の結果だったので、多分これ以上は何も変わらないなと正直諦めてしまいました。ここで、会社に対する愛情みたいなものも全て吹き飛んでしまいました。

私
仕事やめよー

海外転職をするかどうか少し悩んだ理由

良好だった同僚との人間関係

当時の会社を辞めた人間が口を揃えて言っていたのは、

「会社は嫌いになったけど、働いている社員は好きだった」

という言葉です。私も例外ではなく、やはりそこで働いている人(働いていた人)はいまでも好きです。人間的にまともで、面白い人が多い会社でした。

個々の人を見れば人間的に好きになれても、集団や組織になると別の性格を帯びてしまうのは、組織運営の難しさだなと思います。他にもそういった組織はありそうですけど。

そういった人間関係の居心地の良さは、業務がどんなにしんどかったとしても、その場で働き続けたいと思える要素となりました。人間関係ってやはり大事ですよね。

海外転職のハードル

海外で一度も仕事をしたことがなかったのと、日本国内で働いていてもお客さんが全て日本人だったということもあり、ビジネスシーンで英語を活用して仕事をしたことがありませんでした。

よって、そもそも英語で仕事を行うことに対して不安があり、「さすがに海外転職はけっこう厳しいのでは?」とビクビクしていました。

結論としては、英語を母語とする国では苦労しそうだけど、そうではないアジアの国であれば、頑張れば何とかキャッチアップできました。その時の話は下記にも書きました。

海外での仕事に英語はどれくらい必要とされるか
海外での仕事に英語はどれくらい必要とされるか海外での仕事に必要な英語力と言っても、英語圏か非英語圏かで状況はかなり違ってきます。まぁ、当たり前と言えば当たり前ですね。アメリカやイギリスのような英語ネイティブな国の人たちは、自由自在に英語を使いこなすので。一方、インドネシアであれば仕事で求められる英語のレベルはそこそこです。...

何事も経験することは大事ですね。一度経験してしまえば、「あぁ、大体こんなもんか」と自分の中で具体的な景色が見えてくるので。

転職による問題解決の度合い

そもそも論になってしまうのですが、結局どこに転職しても一緒ではという気持ちがありました。国内で転職しようが、海外で転職しようが、根本的な問題は解決されないのではないかという不安です。

労働時間とWEBマーケターとしての成長問題については転職によって解決されると楽観的に思ってましたが、上司の問題は分からないなと。どこに行ってもソリが合わない上司はいるわけで、結局そういった上司の下で働く度に抱える問題なんじゃないかと。

実際、

人間関係
海外で仕事をするようになっても人間関係の悩みは続く日本から海外へ転職して、現地採用で働くとしても、組織で働く以上変わらないことがあります。上司とチームメンバーの存在ですね。当たり前と言えば当たり前なんですが。現地採用社員になって海外で働こうが、どこにいっても人間関係は続くわけです。...

上記のように、海外転職後でもやはり人間関係についての悩みはありました。ただ、インドネシアの場合は日本の人間関係と比べると全然ラクで、悩むほどでもない感じでしたが。

とは言え、もうそんなことはどうでも良いくらい、その時働いていた組織の上司が嫌になってしまったんですよね。

実際に働いた後の感想

以上のように海外転職をしようかどうか悩んだものの、結果としては転職に踏み切りました。実際に働いた感想としては、そもそもの悩みであった

  • 働きすぎて本当に死ぬかと思った。
  • 量を追いすぎて勉強する時間がなかった。
  • トンデモ上司が心底嫌になってしまった。

の3点は無事に解決される結果となりました。本当に海外転職して良かったです。

インドネシアへの転職のタイミング

「いま」です。まさに、いまです笑。インドネシアのWEBマーケ市場は年々盛り上がりをみせているわけですが、この勢いは今後もしばらくは続きます。

また、10年や20年といったスパンでみれば確実に東南アジアで最も有力な市場となっているはずです。

よって、「いま」なんです笑。いまからインドネシアに移住して仕事をすることで、この市場についての理解も深まりますし、ビジネスチャンスをつかみやすくなります。

尚、WEBマーケターとしては1日も早くといった感じですが、他の職種についてはその限りではないです。そもそも、あまり事情をよく把握していないので。ここらへんは、インドネシアに進出している人材紹介会社さんに是非聞いてみると面白いと思います。

ABOUT ME
インドネシアの複業家
インドネシアの複業家
日本で10年、インドネシアでは2年、WEBマーケターとして働き、現在はPT.MDKの取締役としてジャカルタで仕事をしています。また、海外からフルリモートワークという形で、日本企業のWEBメディアの運営サポートや、リスティング広告の運用なども行い、複業しながら海外で仕事を楽しんでいます。奥さんはインドネシア人で、私もイスラム教に改宗。お気軽にご連絡下さい。
企業様・自治体様向け
訪日インドネシア人向けインバウンドマーケティング
こちらの記事もおすすめです

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください