このブログを書いているのはこんな人です
現地採用

インドネシア人が仕事をする上で一番重視していること

一般的なインドネシア人が、企業で働く上で最も重視しているのは「給与」なんじゃないかと思います。もちろん日本人と同じで、モチベーションの源泉になっている要素は複数あるんですが、やはり一番大きいのは「給与」だなと。

私が現地採用社員として働いていたとき、インドネシア人スタッフと毎日昼飯を食べながら雑談してたんですが、やはりお金に関わる話への興味関心は高かったです。

日本はいま仕事ができる人とできない人で収入の二極化がはじまっていますが、インドネシアでは経済成長真っ只中なので、基本的には毎年給与が上がっていきます(実はインフレ率もそこそこですが)。

単純に収入が増えていくって楽しいですよね。私は日本で仕事をしていた時はこの楽しさが分かりませんでしたが、いまインドネシアで複業で稼ぐことでこの感覚を楽しんでいます。

働いた分だけ自分の給与に反映されると、モチベーションを高く維持することができます。

インドネシア人にとっての給与

給与は「会社から自分がどれだけ必要とされているか」のバロメーターなので、それが低いと会社へのロイヤリティも低くなるのはインドネシアでも同様です。

ただし、大前提として、給与は個人の成果の良し悪しだけでは決まりません。企業には給与原資という上限が決まっているので、配分できる額に限界があります。
※ パフォーマンスが低いのに、「給与が低い」と嘆いている人は一旦脇に置きます。

給与原資は売上/利益に大きく左右されます。儲かっていない企業は当然ながら給与原資が少ないわけです。

売上以外に給与原資に影響を及ぼす要因として、コストがあります。企業が継続的に発展するために必要な設備投資であったり、新卒や中途採用などの人材投資であったりなど様々なコスト要因があります。

そんな諸々の要因を考慮しながら、経営陣や人事部は従業員の給与を決めていくわけですね。私は経営陣では無かったですが、個人のパフォーマンスの高低がそのまま昇給額に反映しないことくらいは分かります。

昇給するか、転職するか

しかし、多くのインドネシア人にとっては、そんなことはどうでもいいわけです。インドネシアは現在約5%前後で毎年経済が成長しているので、周りを見渡せば毎年昇給している人の方が圧倒的に多いわけです。

よって、「給与が上がるのは当たり前」で、「どれだけ昇給するか」が最大の関心事になります。

そこには業績や企業の将来計画などは一切考慮されず、「自分は今年こんだけ頑張ったのだから、もっと給与をたくさんもらってもよいはず」という定性的な願望がバッチリ織り込まれます。

経営陣や人事部は、その彼らの主観的な願望と戦わないといけないわけですね。ただし、ここは経営陣側にも責任があり、インドネシア人が納得できるような評価制度やフィードバックの仕組みを用意しないといけないわけですね。

そういった仕組みやフィードバックが無いなかで、提示された給与に不満がある従業員は、比較的容易に転職という意思決定をします。

インドネシアでも転職は自身の給与を大きく上げるための有効な手段の1つです。特に転職者が多いのが、1年に一度のTHR(レバラン手当、いわゆるボーナス)をもらった後になります。なので、時期的にもうそろそろですね(この文章を書いているのが4月で、THRが6月です)。

短期転職が当たり前のインドネシアのWEB業界

日本と同様にWEB業界においては比較的短期で転職を繰り返す人が多いのが特徴です。転職のきっかけになるポイントは、上記のTHR(ボーナス)をもらった後のタイミングと、マネージャーに昇進してしばらく経った後のタイミングです。

マネージャーに昇進するか、メンバーのままかで給与にだいぶ大きな差が生まれます。そして、「●●という企業のマネージャー職を務めてた」というだけで、転職時に大きな武器となります。

インドネシアでもWEB業界は優秀な人材の奪い合いになっています。そういう意味で、上手に転職を繰り返していけば、自分の年収を比較的簡単に上げることができます。

ただ残念ながら、日本人の現地採用社員はすでに給与の天井がほとんど決まっているので、そう簡単には年収増にはなりません。

現地採用社員の給与

現地採用社員として働いていた時、給与は必ずしも働く上での一番の動機にはなりませんでした。

現地採用社員の給与はマネージャークラスで約20万〜30万円が相場です。

この給与であれば、日本で仕事を見つけた方がよほど高い給与を得ることができます。そういう意味では、現在インドネシアでそこそこ仕事ができる日本人WEBマーケターを現地採用社員として採用するのは、かなり難度が高いように思います。

どうしても給与を優先した仕事を見つける場合、本社採用として入社して、その後に海外転勤の希望を出さないといけません。その人事異動願いが通るかどうかもありますが、そもそも日本本社の人事体系の中に組み込まれると、「帰任」が最後に待っています。

自分の場合はインドネシアで一生働きたいという要望があったので、どうしても現地採用社員として働くという道しかありませんでした。自分によらず、現地採用社員は働く理由をお金以外に求めている人が多いです。

そんな現地採用からのフリーランス

2018年2月にそれまで付き合っていたインドネシア人女性と結婚をしました。それを機に、2年間現地採用社員としてお世話になっていた日系企業を退職して、フリーランスになるという選択肢を取りました。

自己紹介
自己紹介日本で10年程WEBマーケティングの仕事をした後、インドネシアのジャカルタに移住。現地採用社員として2年間、インドネシア人スタッフと共にWEBメディアの運営に関わっていました。 今はフリーランスのノマドとして、インドネシアにある日系企業のWEBマーケティングをサポートしています。インドネシア人の奥さんがいます。...

やはり現地採用社員というポジションでは、自分が手に入れたいものが全て得られないと思ったからです。特に収入面で上述したようにこれ以上自分の年収を上げるのが難しいと判断したのが大きいです。

それであれば、フリーランスとしてインドネシアの生活を最大限に楽しく過ごしつつ、日本・インドネシアにこだわらずWEBマーケティングの仕事をしていこうと。そんな感じで今はお仕事をしています。

ABOUT ME
インドネシアの複業家
インドネシアの複業家
日本で10年、インドネシアでは2年、WEBマーケターとして働き、現在はPT.MDKの取締役としてジャカルタで仕事をしています。また、海外からフルリモートワークという形で、日本企業のWEBメディアの運営サポートや、リスティング広告の運用なども行い、複業しながら海外で仕事を楽しんでいます。奥さんはインドネシア人で、私もイスラム教に改宗。お気軽にご連絡下さい。
企業様・自治体様向け
訪日インドネシア人向けインバウンドマーケティング
こちらの記事もおすすめです

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください