このブログを書いているのはこんな人です
会社員

人生が豊かにならない仕事は続ける意味がない

企業で働いていると、「死ぬほどしんどい」と思うことがあると思います。無責任な人は「死ぬ気でやれ。実際は死なないから。」とか言ったりしますが、普通に自ら命を絶つ人もいるわけで。

「もうここで働くのは無理」だと思ったら、さっさと退職して、次の会社を探せばいいと思うんですよね。

実際難しいのは分かるんです。なぜなら、私もいまはインドネシアのジャカルタでのんびり仕事をしていますが、それまでは日本で働いており、1つの会社に10年近くずっと勤めていたので。

でもやっぱり振り返ってみて思うのは、人生が豊かにならない仕事は続ける意味がないので、そう感じた瞬間に仕事を辞める準備をすべきだなと思ってます。

高度経済成長期のように、終身雇用が保証されていて、年功序列で昇給・昇進していくような時代だったら別ですけどね。そんな時代はもうこなそうなので、それであれば生きやすい人生を選びたいなと。

個人の力で会社を変えるのは難しい

非上場のオーナー社長でない限り、会社は自分のモノではないので自分一人では何も意思決定できません。よって、

  • 自分がやりたい仕事ができない。
  • 自分が望むスタイルで仕事ができない
  • お客さんとの相性が合わないけど担当変更できない。
  • 望む部署に異動できない(海外転勤できない)。
  • 上司を容易に変更できない。
  • 裁量が限られて自分でなかなか決められない
  • 後輩が、同期が、人間関係が〜。

などなど、その他1,000個くらい現状で上手くいかないことがありますよね。仕事をしていると。

とにもかくにも会社で働いていると思い通りにならないことの方が多いわけです。

そういった状況において、もちろん会社に留まって仕事をし続けるというのも1つの選択肢です。ただ、「ぶっちゃけ無理」と諦めて、転職するのもやはり選択肢の1つだなと思います。個人がどんなに頑張っても、会社には変えられることと、絶対に変わらないことがあります。

私も最終的には勤めていた会社を辞めるという選択肢を取りました。

自己紹介
自己紹介日本で10年程WEBマーケティングの仕事をした後、インドネシアのジャカルタに移住。現地採用社員として2年間、インドネシア人スタッフと共にWEBメディアの運営に関わっていました。 今はフリーランスのノマドとして、インドネシアにある日系企業のWEBマーケティングをサポートしています。インドネシア人の奥さんがいます。...

絶対に変わらないことは、どんなに頑張っても絶対に変わらないからです。そうであれば、会社を退職するという選択肢は考えても良いと思っています。

組織を変えるには多大なエネルギーがいる

個人が頑張れば変わることでも、組織を変えていくには、「自ら動いて周りに働きかける」という能動的なアクションが必要です。待っていても誰も助けてくれないし、物事は自分にとって良い方向に進んでいきません。

そして、そのアクションには周りを動かすだけのロジックや熱意が必要になるわけです。会社は個々人の都合で動いているわけではないので、言っていることがちんぷんかんぷんな提案を通すわけにはいかないわけです。

言っていることが多少は理解してもらえたとしても、会社にとって「利」が無いと組織は動かないわけです。会社内の組織を動かすというのは、想像以上に多くのスキルを求められます。

ロジックが無くても、熱意が無くても、自分の我が侭を通せるのは非上場のオーナー社長くらいです。自分の会社の株を100%自分で保有していて、名実共にその会社を所有している人ですね。まぁ、要するに普通にサラリーマンをやっている限りは難しいわけです。

世の中には、

  • 「そうだよな。全ては自分次第で、自責でまずは動いてみることだよな」と動く人
  • 「理屈は分かるけど、○○の理由があって、現実的にはむり」と動かない人

の二種類のタイプの人がいると思います。そして、動く人の中にも

  • 実際に動いて成功する人
  • 実際に動いたけど失敗に終わる人

とこれまた二種類のタイプの人がいます。実際に動いて成功する人は、やはり成功する人としての特徴があるんですよね。

巻き込み力の重要性

前職日本で仕事をしていた時も、インドネシアで転職した時も、ロジックと熱意さえあれば、比較的自由に自分がやりたいことをやれる会社でした。

まぁなので、不満や改善点があれば論理的な言葉に落として、熱意を持って伝えれば良いわけですね。けど、やはりそうなかなかうまくはいかないんですよね。

ロジックが不完全なことがよくあるし、熱意が足りないこともよくある。

一方、よく自分の意見を通している人を観察していると、ロジックと熱意に加えて、周りを上手く巻き込みながら意見を通しているなと感じます。それは段取りだったり、ノミニケーションだったり。

「上手く巻き込む」やり方は人それぞれですが、巻き込み力は非常に強力な武器だと感じます。

中には力業で周りをゴリゴリ引っ張っていく人もいて面白いですが、それも巻き込み力の1つなんだろうと思います。

仕事は組織の外でも内でもできるもの

論理的で熱意があって、周りをガンガン巻き込んで組織を変えられる人は希有な存在です。ほとんどの人は思い通りに組織を変えていくのは難しいでしょう。ちょっとした改善等は反映されるかもしれませんが。

辿り着いた結論としては、1つの組織に執着して仕事をする必要もないかなということです。

組織を変えていくことに注力するのではなく、自分が接しやすい組織の一部とだけ仕事を一緒にして、それでお互いにWin-Winな関係にしていければそれでいいかなと。

多様な働き方が許される時代

いまはフリーランスとして働いても仕事ができる時代です。複業してパラレルにキャリアを経験することもできます。転職がネガティブに捉えられない時代なので、転職でもいいと思います。

だからこそ冒頭でお伝えした通り、「もうここで働くのは無理」だと思ったら、さっさと退職して、次の会社を探せばいいと思うんですよね。

「人生が豊かにならない仕事は続ける意味がない」というタイトル通り、仕事は自分の人生を豊かにするために存在するので、そうなるように自ら動いていきましょう。

ABOUT ME
インドネシアの複業家
インドネシアの複業家
日本で10年、インドネシアでは2年、WEBマーケターとして働き、現在はPT.MDKの取締役としてジャカルタで仕事をしています。また、海外からフルリモートワークという形で、日本企業のWEBメディアの運営サポートや、リスティング広告の運用なども行い、複業しながら海外で仕事を楽しんでいます。奥さんはインドネシア人で、私もイスラム教に改宗。お気軽にご連絡下さい。
企業様・自治体様向け
訪日インドネシア人向けインバウンドマーケティング
こちらの記事もおすすめです

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください