このブログを書いているのはこんな人です
仕事の価値観

努力はいつか報われるという仕事の幻想

努力はいつか報われるという仕事の幻想

こんなに一生懸命仕事をしているになぜ報われないのか。

多くのビジネスマンが一度ならずも考えたことがあるのではないでしょうか。日本での会社員時代、私は朝・昼・晩と一日に3回くらい悩んで、夢でも悩んでました。

努力してなかったり、大して働いてなかったら別に気にならないと思うんですが、身を削って努力も仕事もしていたので、やっぱり報われない努力はしんどいなと。

いまはインドネシアで働いているわけですが、ここで働いて学んだのが、

私
環境を大きく変えれば、人生も大きく変わる可能性がある。

ということです。やはり、努力は正しい場所でやるべきだなと。

努力し続けても報われない環境はある

経営陣と合わない会社

経営陣は自分を評価して昇級/昇進の判断をする人たちなので、そもそも彼らとの相性が悪ければ、どんなに努力してもその努力は報われないですよね。

マネージャーレベルの人と相性が悪いぶんには、耐え忍んで次のマネージャーと仕事をする機会まで待てばいいと思います。

私
本当にこの人どう頑張っても自分とはDNAレベルで相性が悪い。本当にもう無理むりムリ。

と思っても笑、自分と相性最悪のマネージャーなんてどこの会社にもいるので、それが理由で転職しても根本的な解決にならないことが多いです。

しかし、経営陣と相性が悪いと手の打ちようがないです。

経営方針と合わない会社

ちょっと単純すぎますが、「量より質」か「質より量」かの違いであったり、「営業重視」か「技術重視」かの違いであったり。

同じWEBの広告代理店の運用担当であっても、1人あたり30社も40社も担当する企業と、5社しか担当しない企業とでは、明らかに求められるスキルセットが違います。

それは会社のトップ(社長であったり、事業部長であったり)が方針を決めるもので、その方針と自分の得意/不得意がうまくマッチしないと、なかなか努力が報われづらいです。

人生10年働いても仕事がうまくいかないことばかり
人生10年働いても仕事がうまくいかないことばかり10年くらい馬車間のように働いたんですが、全く幸せになれませんでした。仕事なんてうまくいかないことばかりでした。年中無休でお盆もお正月も働きまくったんですが、だめでした。難しいですね、働くって。10年経って振り返ったときに、仕事がうまくいく人って何が違うのかちょっと考えてみました。あと、仕事がうまくいかない時の考え方とかですね。...

会社と相性が悪いと報われない

経営陣や経営方針と合わないということは、つまり会社そのものとの相性が悪いということなので、これはもうどんなに頑張っても厳しいですよね。

私
社長とは相性が良くても、会社のNo.2とは相性が悪いからダメ。

というケースもあります。広く括って経営陣ですね。相性が悪い会社でどんなに努力しても報われないので、個人的にはタイミングをみて見切りをつけて、さっさと転職してしまった方が良いと考える派です。

環境を変えて努力を続ける重要性

環境が変われば全てが変わる

・・・可能性があります。

当たり前と言えば当たり前ですが、

私
環境が変わっても相性最悪の会社でした泣。

ということは普通に起こりうるので。なので、会社との相性が最悪であれば、さっさと転職した方が良いと言いましたが、

私
人生厳しいなー。

という結論に終わることもあるので、転職をする際は入念な情報収集をすることを忘れずに!

インドネシアで変われた自分

私は初めての転職だったのでいろいろと不安だったこともありましたが、

海外転職の不安
30代後半で初めて転職した際に不安だったことインドネシアで働く前までは海外転勤など一度もしたことがなく、ずっと国内で働いていました。お客様もみな日本人で、基本的に日本語でしか仕事をしたことがありませんでした。そういう事情背景もあり、インドネシアで仕事をすると決めた時には少なからず不安があったのも正直なところです。けど、実際に働いてみたら、インドネシアはけっこう働きやすい国でした。...

結果的には環境を大きく変えて良かったです。収入も裁量も労働時間も全てがガラリと変わり、たぶんもうこれ以上ないというくらい幸せな毎日をいまは送っています。

いまは、

私
やれるだけやっても駄目だったら、もうさっさと環境を変えた方が人生うまくいく。

の考え方で人生を過ごしています。

正しい場所で努力する

つまり、

努力は正しい場所で行いましょう!

という話ですね。

正しい場所でやらない努力は空回りになってしまい、期待するような結果を自分にもたらしません。時間が経つにつれて、肉体的にも精神的にも強烈に削られていくのが分かります。

やっぱ人間なので、普通に、

私
自分の努力は報われてほしい。

と願いますからね。

努力し続けることはとても重要

努力が報われない環境で働いていたとしても、努力をし続けること自体はとても重要です。たまたまその職場で報われないだけで、環境を変えれば報われる可能性があるので。

そこを忘れて努力を放棄してしまうと、いざ自分が転職やフリーランスやらで環境を変えても、うまく結果を引き寄せることができません。

努力をして、自分の知識や経験値を貯めていくことはやはり重要なんですよね。

なので、例え経営陣と合わないような環境であっても、自分自身のスキルを高めるチャンスがそこにあるなら、歯を食いしばって頑張るというのは有効な打ち手の1つだと思います。

この先の人生はずっと努力が必要

もうみなさんご存知の通り、将来ずっと安泰なキャリアなんてなくなってしまいました。

大手企業に勤めていても倒産する時代ですし、きっと10年後や20年後はもっと簡単にひとが解雇される時代がくるんじゃないかと思ってます。

仮に会社から縁を切られなくても、

私
もうやってらんねーぜ。てんしょくだ転職だー!!

と自ら会社とお別れしたいと思うときはきっとくるでしょう。

そんな時、自分自身に知識も経験も身についていないようだと、なかなか自分の望むような職環境は手に入りません。

なので、努力だけは怠らず頑張りましょう!

どういう方向性で努力をした方がいいのかは、常に相対的に第三者の意見を取り入れながらやった方がいいです。なので、定期的に自分よりも優秀な人にあって意見交換をしていきましょう。

ABOUT ME
インドネシアの複業家
インドネシアの複業家
日本で10年、インドネシアでは2年、WEBマーケターとして働き、現在はPT.MDKの取締役としてジャカルタで仕事をしています。また、海外からフルリモートワークという形で、日本企業のWEBメディアの運営サポートや、リスティング広告の運用なども行い、複業しながら海外で仕事を楽しんでいます。奥さんはインドネシア人で、私もイスラム教に改宗。お気軽にご連絡下さい。
企業様・自治体様向け
訪日インドネシア人向けインバウンドマーケティング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください