このブログを書いているのはこんな人です
海外転職

海外での仕事に英語はどれくらい必要とされるか

海外での仕事に英語はどれくらい必要とされるか

海外での仕事に必要な英語力と言っても、英語圏か非英語圏かで状況はかなり違ってきます。

英語を母語とする人が話す英語はスピードも早いですし、使われる単語の難しさもレベルが上がります。ところが、インドネシアで話されている英語は欧米で話されている英語よりも大分ラフです。

ラフと書くとかっこいいですが、つまり適当です。文法も単語も発音も大体の感覚で使っています。もちろん、中にはネイティブなみに話す人もいますが、数としては多くありません。当たり前ですが、我々日本人もインドネシア人も非英語圏なので、お互い努力して英語を習得しています。

尚、ジャカルタにあるオフィスで働く場合、特にそれが日系企業だとインドネシア語ではなく英語力を求められるケースが多いです。

私はインドネシアのジャカルタで現地採用社員として働いていましたが、そこでは英語でインドネシア人と一緒に仕事をしていました。なので、ここから先については非英語圏での仕事に求められる英語の話をしていきます。

英語圏の仕事で求められる英語のレベルについては、下記の記事がとても詳しいです。

英語が苦手な日本人

我々日本人の多くは、義務教育の期間中ずっと英語を学び、高校に行っても英語を学び続けます。大学で勉強する人は極端に減るので、学習のピークは大学受験までかと思います。

私
もう本当にずっと英語ばかりやってますよね。そして、社会人になってからその英語を使わない人の多いこと。

それだけ英語の学習に時間を費やしているのに、流暢に英語を扱える人は非常に少ないというのが我が国日本の悲しい現状です。

実際はあまり悲しくないですけどね。みんな気にしてないので。

そんな切ない経験もあってか、「海外で英語を使って働くなんて無理」と考える人の方が多いんじゃないでしょうか。でも、結論から先に言えば、インドネシアで働くなら語学のハンデは欧米で働くよりは大分軽くなります。

正直、未だに欧米人からノンストップで専門的な仕事の話をされるとリスニングに戸惑います。強烈な速度で難度の高い英単語をぶつけてくるからです。

私
ちょっと何言っているのか本当に分からないから、とりあえずゆっくりしゃべってほしい。

ところが、インドネシア人(ジャカルタのオフィスで仕事をしているビジネスマンに限定)は、全体的に日本人よりも英語を話せる人が多いものの、欧米人に比べれば使う単語・文法の正確さ・発音において劣ります。

※ 発音が不正確なことで、逆に聞き取りづらいことも多々ありますが。
※ 「ボーンチレート」が「Bounce Rate」だと気付くのにけっこう時間がかかりました。

大学受験を突破するために英語の勉強を頑張ってきた人であれば、最初は多少手こずっても、比較的早い段階で慣れてきます。インドネシア人も英語が得意ではないので、同じような単語やフレーズを使い回していることに気付くからです。

インドネシアは非英語圏

わざわざ小見出しに付ける程でもない気がしますが、インドネシアではインドネシア語が主に話されています。

この地域の交易語(リングワ・フランカ)であったマレー語のリアウ州の一方言を、国家の共通語としたもの。

(出所:Wikipedia)

もともとインドネシアは1602年にオランダ東インド会社(世界史でやった記憶がふつふつと蘇る)がジャワ島に進出してから、約350年程オランダによって支配されていました。

そのオランダからの独立運動の過程でインドネシア語という言語を統一言語として使いますよ、と決めたみたいです。なので、繰り返しになりますが、インドネシアは非英語圏です。

そんなインドネシアで話される英語のレベル

話すスピードがゆっくり

インドネシア人も日本人と同じノンネイティブなのでまず話すスピードがとてもゆっくりです(あくまで欧米人と比較すると)。

実は自分はTOIECとか受けたことないので正直自分の英語力が分かりませんが、中堅私大の大学受験突破レベルのヒアリング力で聞き取れると思います。

語彙力が少ない

話すスピードがゆっくりという点と、使う単語も簡単な英単語が多いというのも特徴です。しかも、それらを使い回している感じです。

同じようなフレーズをよく聞くので、向こうも語彙力が低いんだなと感じます。日本人は受験勉強で相当量の英単語を詰め込みますが、悲しいことに大学生活と共に大半を忘れ去りますね。

英単語、英熟語、基本フレーズの使い回しが多いと、同じ職場で毎日会話をしていれば自然と慣れてきます。次第に相手が多少間違って話していても、何となく分かるようになります。

英文法も適当

日本人は英文法をみっちり勉強してきて、そしてバッチリ忘れてきたこともあり、英文法恐怖症的なところがあるんじゃないかと思います。

ただ、インドネシア人は基本文法が合ってようが間違ってようがあまり気にせず話してきます。日本人のように、英文法間違って話したら恥ずかしい的な気持ちは無いと思われます。

アクセントに多少のクセがある

インドネシア語もアルファベットを使っているのですが、微妙に英語のアルファベットと発音が違います。Cが「チェー」とか、Gが「ゲー」とか。

このせいで、インドネシア人が話す英単語が聞き取りづらいことがよくあります。解決策は、まずはインドネシア語のアルファベットの読み方をさっさと覚えてしまうこと。そして、身も蓋もないですが聞きなれることでしょうか。

以上を簡単にまとめると

インドネシアで話される英語のレベルは、

  • 話すスピードがゆっくり。
  • 語彙力が少ない。
  • 英文法も適当。
  • アクセントに多少のクセがある。

といった感じです。ここはもう一度飛び込んでみるしかないですけどね。何度も言いますが、やはり母語が英語のアメリカ人やイギリス人と会話をするよりは全然楽です。光が見えます。

インドネシア語の学習のすすめ

インドネシアで仕事をするにあたり、最初は英語を使ってコミュニケーションを取ることになると思います。いきなりインドネシア語を話せる人はほとんどいないと思うので。

ただ、彼らと仕事をしていると、彼らもノンネイティブなので、(一部のネイティブなみに話せる人を除いて)上手く自分が伝えたいことをうまく話せずにいる人も少なくありません。こっちも向こうも拙い英語で何とか会話を成立させている感じです。

繰り返しになりますが、そうは言っても、「あれ、ネイティブかな?」という流暢な英語を話す人の数は日本よりは全然多いと思います。

それであれば、インドネシア語をさっさと勉強してマスターした方がおすすめです。インドネシア語で仕事をすれば、少なくとも相手のインドネシア人は自分が言いたいことを100%伝えきることができるので。後はこちらのリスニングの問題ですね。

インドネシア語は世界一簡単と言われていますが、確かに勉強しやすい言語だなとは思います。

私
ちなみに、誰が世界一簡単と言ったのかよく分かりません。そして、どんなモノサシで測って世界一と言ったのかも謎です。

中国語のように1つの単語に3つも4つも別の発音があるわけではないですし、アラビア語のようになんか見づらい文字でもないですし。そんなわけで、インドネシアでずっと仕事をしていくなら、英語よりもインドネシア語ですね。

英語でのプレゼンに困ったらパワポ

仕事中に英語でプレゼンすることは多々あると思います。プレゼンといかないまでも、チーム内ミーティングで現状を把握したり、何かインドネシア人スタッフにお願いする時などですね。

そうした時に威力を発揮するのがMicrosoftのパワーポイント。

自分は新卒の頃からずっとパワポを使っているので、サッと1枚の図を描いたり、何枚かのストーリーにするのが作業的に苦痛ではないです。

なので、

私
これを口頭で説明しようと思うとちょっと骨が折れそうだなー

という時は大体パワポを作って英語で説明していました。

相手の理解度が増すというメリットがあるんですが、インドネシア人できっちりメモを取ってタスクを管理する人は少ないので、パワポにやってほしいタスクと期限を盛り込んでおくと、彼らの備忘録としての役割も果たします。

海外で仕事をする上で本質的に重要なのはスキル

海外で仕事をする上で重要なのは、上記の語学スキルよりはビジネススキルの方だと思います。

候補者A
候補者A
英語けっこう拙いんですけど、Google Analyticsを使ったWEBサイトの分析を5年(10年)やってました。
候補者B
候補者B
英語はカタコトですが、WEBサイトを内部SEOと外部SEOの観点で分析できます。

とか言われた方が、「採用したい!」となります。そんなWEBマーケターはインドネシアでなかなか探せないですからね。

インドネシアのWEBマーケットは伸びざかりですが、WEBマーケティングのスキルを持った日本人の数は非常に少ないです。語学のスキルが多少低くてもスキルがあればカバーできます。

汎用的なビジネススキル

インドネシア人の基礎的なビジネススキルは、日本人のそれと比較するとやはり劣ります。特に、「タスクの進捗を管理しながら期限内に納品する」ということがインドネシア人は苦手です。

タスクの切り方、1つ1つの作業の進め方、メールの返信スピードなどなどのビジネスマンとしての足腰にあたる部分が弱い人が多いです。報連相が全体的に遅い(というか無い)のも駄目ですね。

こういったどこの業界でも当たり前に必要されるスキルが身に付いているかどうかは、英語を流暢に話せるかどうかよりもよほど大切です。

専門的なビジネススキル

私が所属している業界の例で言えば、

  • Google Analyticsを使ってWEBサイトを分析できる。
  • 基本的なSEOを理解し、コンテンツマーケティングの企画と実行ができる。
  • リスティング広告やFacebook広告の運用ができる。
  • オウンドメディアをトータルに運用できる。

といったようなスキルでしょうか。新卒でインドネシアでいきなり働くよりも、日本のWEB業界で一定期間働いた方がいいなと考える理由は、こういった専門スキルを身に付けるのはインドネシアよりも日本で働いた方が効率的だからです。

知識そのものはFacebook・Twitter・読書を通して手に入れることはできるのですが、その知識を使って業務を経験し、知恵みたいなものに昇華させるためには人の助けが必要になります。

感覚的には、3年から5年くらいは日本のWEB業界で働いてもいいんじゃないかなと思うんですけどね。

でもスキルなくても最後は気合いで何とかなる

結局は自分次第で何とかなると言えばなります。気合いと書くとアレですが、継続的に学習する意思と習慣を持って、自分でPDCAを回せるタイプの人であれば。

インドネシアは誘惑が少ない国です。単純にそれは、周りに日本人の友人・知人がいなくなるからということが大きいんですが、一日の時間の多くを自分のために使うことができます。

つまり、流されてしまう人はトコトン流されます笑。

コツコツと勉強をして、仕事で覚えたスキルを使ってみて、成功(失敗)の経験を積んで、分からないことはその分野の専門家にTwitterでもFacebookでも使って質問を投げてみる。そうやってサバイブしていく気概のある人であれば、海外で仕事をするなんて余裕でしょう。

以上を簡単にまとめると

海外で仕事をする上で本質的に重要なのはスキルは、

  • 汎用的なビジネススキル。
  • 専門的なビジネススキル。
  • スキルが無かったら気合い。

になります。語学が流暢に扱えればもちろんメリットになるのですが、それだけできてもダメですよと。ビジネスマンとしての自分の得意分野を見つけて、それを磨いていきましょう。

人生を楽しむ気持ち

語学が云々、その前にスキルが大切みたいな話をしましたが、結局それらを全て含めて楽しめる人の方が、海外で働くには向いていると思います。

人生は一度しかないので、思い切って海外に飛び出してみるのも面白いですよ。海外に飛び出すことで、日本という国は本当に素晴らしいインフラが整った国だなということも再確認できます。

インドネシアに限らず、タイやベトナムも働く場所としては面白そうなので、是非調べてみて下さい。

ABOUT ME
インドネシアの複業家
インドネシアの複業家
日本で10年、インドネシアでは2年、WEBマーケターとして働き、現在はPT.MDKの取締役としてジャカルタで仕事をしています。また、海外からフルリモートワークという形で、日本企業のWEBメディアの運営サポートや、リスティング広告の運用なども行い、複業しながら海外で仕事を楽しんでいます。奥さんはインドネシア人で、私もイスラム教に改宗。お気軽にご連絡下さい。
企業様・自治体様向け
訪日インドネシア人向けインバウンドマーケティング
こちらの記事もおすすめです

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください