このブログを書いているのはこんな人です
会社員

仕事のやりがいなんて考えても意味がない

仕事のやりがいなんて考えても意味がない

10年会社員をやった結果、会社員は自分で決められることが少ないという圧倒的な事実に気づきました。気づきましたというか、まぁ、当たり前と言えば当たり前ですよね。

私
新卒1年目で思い知らされました。

会社員と言っても、zozoの田端さんや幻冬舎の箕輪さんくらいパワフルな会社員であれば別ですが、普通の会社員にとっては難しいですよね。周りを巻き込んでゴリゴリ変えていくのは。

よって、自分ではコントロールできない外部要因(主に上司)によって、仕事のやりがいが左右されるわけです。ただし、上司はガチャなので自分では選べません。ここに会社員の厳しさがあると思ってます。

会社員時代は仕事のやりがいを考えても意味がないので、最終的に自分は会社を退職しました。今は海外フリーランスとして仕事のやりがいを見つけながら頑張っています。

平社員は仕事を選べない

「仕事は創るものだ」という格言がありますが、企業に新卒で入社した平均的なサラリーマンが実践するにはなかなか酷な格言でもあります。

学生の頃、ちょっと勉強していたり、意識高い系の集まりに参加していた自分は鼻息荒く「面白いビジネスを創ってやる」と就職しました。ところが、大して能力も高くなかったので、早々に鼻をへし折られ、その後は本当に普通の思考の普通の行動の凡人サラリーマンになってしまいました。

私
多分、素直さも足りなかったんだと思います。100%素直であれば指摘を吸収して、違った人生になっていたかもしれません。

そういった普通のサラリーマンにとって、仕事は天空からメテオのように降ってくるものなので、選ぶものではありません。そういった仕事からやりがいを見つけられるかどうかは、本当に運次第と言えると思います。

上司によって左右される仕事のやりがい

そして、その運を左右する鍵を握るのは、直属の上司であると言っても過言ではありません。優秀な上司のもとであれば仕事のやりがいはMAXになり、無能な上司のもとであれば仕事のやりがいは消え去ります。

繰り返しになりますが、そうは言っても上司は選べません。ガチャなので。大手企業であれば異動願いが出せるかもしれませんが、30名程度の中小ベンチャー企業だとそうもいきません。物理的にオフィスも小さいですしね。

優秀な上司と働ける幸せ

やりがいよりも忠誠心が勝る

優秀の定義はいろいろとありますが、ここではあまり定義が重要ではないので割愛します。運が良いサラリーマンであれば、とにかく自分が「この人は優秀だ」と心酔できる上司に出会ったことがあると思います。

そういった上司のもとで働くと、自分のやりがいがどうこうというより、

私
この人のために働きたい。この人を勝たせたい!

といった戦国の武士みたいな気持ちになります。私にとっては、日本で働いていた時のベンチャー企業の社長がそんな感じでした。

その時の様子はこちら。

日本で働いていた時は死ぬほど仕事をしていました
日本で働いた10年分の仕事を要約してみたインドネシアに来るまでは、日本で同じ会社で10年近く働いていました(転籍期間含む)。10年も働くと良い思い出も、悪い思い出も全て含めて、自分の人生の強烈な一部になっています。いろいろと振り返るとほっこり懐かしい気持ちにもなれば、ものすごい不快な気持ちになることもあります。気持ちが振れる。今日は自分のそんな感情をちょっと整理してみました。...

周りから見ると気持ち悪かったりするんですけどね笑。

この人心掌握術的なものを悪い方向に使ってしまうと、新興宗教であったり、マルチ商法であったり、情報商材ビジネスになるのでしょう。幸い私はそういったことは一切勧誘されませんでしたが。

業務量の先に成長(やりがい)がある

そういった上司や社長のもとで働くと、大概死ぬほど働くことになります。まぁ、自ら望んで働くので、その業務量は無限に増えていくわけですよね。徹夜しようが、土日も終日働こうが、次から次へとわいてくるタスクで窒息しそうになります。

優秀な上司はそんな膨大な業務量のなかにも、「いまこれを(死ぬほど)やっておくと、後から楽になる」「後で一気に成長する」という業務を選んで仕事を振ってくれます。その時は、そんなことに気づく余裕もありませんが。

スティーブ・ジョブズ氏のConnecting the dotsではありませんが、本当に振り返ったら、いろいろな経験がつながって成長できたなという実感がすごかったです。

結果的に仕事がやりがいになっていく

そういう経験がつながっていくと、業務内容に関係なく、仕事をすることそのものがやりがいになっていきます。

あまり深く考えず、毎日出社して、仕事して、昼飯食べて、仕事して、夜飯食べて、仕事して、飲みに行って、帰って寝る。

この一連のなんでもない日常サイクル自体の中に、やりがいを勝手に感じるようになっているので不思議でした。

これは個人にとって理想的な状態ですし、組織のマネジメントという観点でも理想的だと思います。当時の私は文句の1つもなく、仕事に没頭して馬車馬のように働いていたわけですから。

無能な上司と働く不幸せ

人格こそ上司は磨き続けるべき

人格的に尊敬できない上司はどんなに頭が良くても、営業成績が高くても、とにもかくにも慕えないです。一緒に仕事をしたいと思えないし、御輿を担いで勝たせたいとも思えない。

賛否両論あると思いますが、会社員として部下をマネジメントする立場にある人は、「人格」こそ磨いてほしいと切に思います。

  • 自分の昇級昇進こそ全て。そのための犠牲はいとわない。
  • 自分の手柄は自分のモノ。部下の手柄は自分のモノ。
  • 部下をいじって笑いを取り、人気者を目指す。
  • あえて不機嫌なモードを作り、周りを萎縮させて悦に入る。
  • 全員の前で部下を叱り、必要以上に自分の権力を誇示する。
私
あなたの周りにもいませんか、こういう人?

興味がある仕事でもやりがいが生まれない

こういう人格的に尊敬できない人のもとで働いても、全くやりがいが生まれません。例えそれがとても興味がある業務内容だったとしても、その利点を軽々と打ち消してしまう威力があります。

そうなると、膨大な業務量が苦行にしか思えなくなるんですよね。1つ1つの仕事に、「これはやる意味があるのか?」と疑問を持つようになります。

私
朝7時前に八王子駅から新宿駅に向かう中央線の満員電車に乗る以上に苦痛です。

ただ、営業会社だとやはり結果としての数字が最優先になるので、人格はどうであれ、組織を勝たせることができる人材は重宝されるんですよね。つまり、そういう人材でも昇級昇進していくわけです。

最終的には転職するしかない

大企業であれば、無数の部署があり、数年我慢すれば支社へのローテーション人事があるので多少は耐えられると思います。耐えられなければ、人事異動願いを出すこともできます。

ただし、私が働いていた企業は社員数30名程度のちっぽけなWEB系ベンチャー企業だったので、その人の影響が会社内の隅々まで及んでいました。

業務内はもちろんですが、飲み会などでも。

オフィスもたいして広くないので、どこにいてもその人の声が聞こえてくるわけです。逃げ場が無いとはこのことで、最後はもうストレスが半端なかったですね。

以上を簡単にまとめると

無能な上司と働く不幸せは、

  • 人格が未熟なので一緒にいると不快。
  • 興味がある仕事でもやりがいが生まれない。
  • 最終的には転職するしかない。

といったところです。仕事のやりがいがすっ飛び、人格的に尊敬できない上司がうろついて、しかもオフィスも人事制度も限界がある以上、最終的には退職するという選択肢を取りました。辞める以外に道を見出せませんでした。

改めて考える自分の「仕事のやりがい」とは

人間関係のストレスが小さい

組織で働く以上は、やはり人間関係抜きにやりがいを語ることは難しいですね。上述したように、尊敬できる上司(社長)のもとでは仕事の内容を問わずやりがいはありましたし、人格的に厳しい上司(事業部長)のもとではやりがいは0になりました。

今はインドネシアのジャカルタで海外フリーランスをやっているわけですが、「誰と仕事をするか」を選ぶことができるフリーランスは最高です。自分で人間関係をコントロールできるわけです。

フリーランスのメリットとデメリット
フリーランスのメリットとデメリット海外で、かつ、フリーランス。実際どんなものをイメージされますか?なかなかイメージしづらいかと思いますが、そんなに楽ではないです。今の状態を維持し続けることにとても努力が必要ですが、頑張る価値があるくらい充実した楽しい毎日をおくっています。なので、フリーランスはしんどいですが、楽しいというイメージです。...

人間的に合わない人とは、仕事を断ることができる権利がある。もちろん、相手にも断る権利がある。お互いが対等な関係の中で、仕事をスタートさせるか否かを決めることができる。

こういう関係性の中で仕事を続けると、自分が心から一緒にいたいと思えるような人としか仕事をしなくなります。その人のために働きたい、というのが仕事のやりがいの1つになります。

WEBマーケティングの仕事である

新卒で入社した会社は人事で、その後にグループ会社に転籍した後はずっとWEBマーケティングの仕事をしてきました。

特に自らWEB業界に飛び込んだわけではありませんでした。ただ、この業界で死ぬほどガムシャラに仕事をしていたら、勝手に好きになっていたイメージです。

もう10年以上この業界で仕事をしているので、WEBマーケティングの仕事をすること自体が自分のやりがいになっています。単純にWEB業界は進化が早いので、飽きないというのも大きいです。

ここを基本的な軸にして、掛け算の要素で更に自分の専門生を高めていきたいと考えています。今はインドネシアで働いているので、インドネシアの市場を理解している、WEBマーケターというのが掛け算の要素の1つですね。

私は一生インドネシアで暮らしていくつもりなので、上記に加えて、今後より面白い掛け算の要素を探していきます。

仕事の質を徹底的に追求できる

多くの中小ベンチャー企業のWEB広告の代理店にありがちですが、とにかく量を追いまくって、1社1社に割ける時間が極端に少なくなります。

そうしないと案件が回せないですし、そもそも受注金額が小さいので、1社にかけられる時間も限られているんですよね。月額200万円のWEBコンサルと、月額10万円のWEBコンサルでは割けるリソースが違うという話です。

1つのプロジェクトにつき数百万といった高額な案件は、なかなか世の中には少ないですし、そういった案件は大手広告代理店の主戦場だったりします。よって、中小ベンチャーは小額案件をかき集めないといけないわけですね。

私が日本で働いていた会社もそういった案件が多かったので、必然的に1社1社と深く向き合うよりも、高速で大量のタスクを処理するといった雰囲気が強くなっていました。

今はフリーランスとして1社1社と深くお付き合いしているのですが、やはりそうしたお付き合いの方が、学びが深かったり、関係性が濃くなったりして、自分自身のやりがいが明らかに満たされるのが分かるんですよね。

ただし、量を追って知識や経験の幅を拡げたからこそ、質を追える今の自分がいるんじゃないかと考えています。最初から質を追求するのは、自分の能力では難しかったなと。

成果と報酬がダイレクトに連動している

下記でも書きましたが、自分は死ぬほど仕事をしましたが、ほぼ月収が約30万円程度でした。海外フリーランスとして働いている今は、月収100万円以上稼いでいます。

人生10年働いても仕事がうまくいかないことばかり
人生10年働いても仕事がうまくいかないことばかり10年くらい馬車間のように働いたんですが、全く幸せになれませんでした。仕事なんてうまくいかないことばかりでした。年中無休でお盆もお正月も働きまくったんですが、だめでした。難しいですね、働くって。10年経って振り返ったときに、仕事がうまくいく人って何が違うのかちょっと考えてみました。あと、仕事がうまくいかない時の考え方とかですね。...

フリーランスの厳しいところは、自分で案件を探してきて、お客さんに営業して、仕事を管理して、納品して、その仕事を継続しないといけません。つまり、全部自分でやらないといけません。

そういった厳しさがある反面、お客さんからもらう報酬は全て自分の収入になります。

最初はライティングのみだったり、アクセス解析の分析レポートをショットで納品しながら徐々に信用度を上げていきます。そこからコンテンツマーケティングを丸投げしてもらったり、オウンドメディアの運用を丸々任せてもらえるようになると、単価が跳ね上がります。

そうやってフリーランスとしての仕事を重ねていくことで、自分の収入を上げていけることに、強烈な仕事のやりがいを感じます。自分でやった分は、全て自分の収入!というやつですね。

仕事と休みを自分で調整できる

前々職は朝8時から深夜1〜2時まで、それを月曜から日曜まで続けていました。お盆休みやお正月も大体そんな感じでした。

10年くらいそんな感じで働いていたもんなので、体が慣れてしまった感がありますが、一瞬でも立ち止まると異常な辛さに襲われていました。マグロと一緒ですね。泳ぎ続けないと死ぬ。

私
普通にヒキますよね笑?

今は自宅マンション1階に良い雰囲気のカフェがあり、13時〜18時の間だけ仕事をしています。午前中は将来のための自己投資(本を読んだり、勉強をしたり、インドネシア語を学習したり)。

基本的には4日働いて、3日休んでいます。その休みも自分が休みたい日に休んでいます。また、月に1週間はジャカルタの外に出て、マレーシアに行ったり、シンガポールに行って遊んでいます。

以上を簡単にまとめると

改めて考える「仕事のやりがい」とは、

  • 人間関係のストレスが小さい。
  • WEBマーケティングの仕事である。
  • 仕事の質を徹底的に追求できる。
  • 成果と報酬がダイレクトに連動している。
  • 仕事と休みを自分で調整できる。

ですね。これらが満たされているいまの生活は、本当に幸せです。あとは、この幸せを手放さないように日々努力をしていくのみです。「何のために努力をするのか」が明確になっている分、やはり強いと思います。

仕事のやりがいはそのうち見つかる

会社員人生の最初の半分で優秀な上司と働けて仕事のやりがいを見出し、後半で全く尊敬できない上司のもとでそのやりがいを根こそぎ奪われました。

いまはインドネシアのジャカルタにてのんびり海外フリーランスをやることで、人生で最高のやりがいを見出して仕事をしています。

これを計画的にできたかと言われると、多分無理だったと思います。

よって、

どうやったら仕事のやりがいを見つけられますか?

と問われても、明確に答えることができません。

フリーランスは最高だ!と言うのは簡単ですが、私は会社員としての業務経験が10年以上あり、退社後にもお客さんにも恵まれたので最高になりましたが、フリーランスになったからと言って全員が全員幸せになれるわけではありません。

なので、「仕事のやりがいはそのうち見つかるので、今の仕事をとにかく一生懸命やってください」と言うのが精一杯なのですが、何かしらもっと意見を欲しいという方は、お気軽にご連絡ください。


ABOUT ME
インドネシアの複業家
インドネシアの複業家
日本で10年、インドネシアでは2年、WEBマーケターとして働き、現在はPT.MDKの取締役としてジャカルタで仕事をしています。また、海外からフルリモートワークという形で、日本企業のWEBメディアの運営サポートや、リスティング広告の運用なども行い、複業しながら海外で仕事を楽しんでいます。奥さんはインドネシア人で、私もイスラム教に改宗。お気軽にご連絡下さい。
企業様・自治体様向け
訪日インドネシア人向けインバウンドマーケティング
こちらの記事もおすすめです

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください